iNKTがん治療の特徴

どんながんにも治療可能で、効果が期待できます

がん細胞を標的にした治療法ではなく、患者様自身の体内に存在する「がんに対する免疫細胞群」を活性化する治療法ですので、どんな種類のがんにも効果が期待できます。

長期免疫記憶による持続的ながんへの攻撃

iNKTがん治療は、がんに対する免疫細胞群を活性化し、それらの免疫細胞群を急激に増殖させます。また、活性化された免疫細胞の一部が体内に残存して、がんに対する長期免疫記憶を形成することで、持続的にがんを攻撃する治療法です。

どんな種類のがんにも必ず存在する2種類のがん細胞や新たに出現する変異がん細胞を同時に排除

自然免疫と獲得免疫系を同時に活性化できるので、どんな種類のがんにも必ず存在する「がん抗原を発現している細胞」「がん抗原を発現していない細胞」あるいは「新たに出現する変異がん細胞」を同時に排除する治療法です。よって、がんの進行・再発・転移の抑制効果が期待できます。

誰にでも治療可能

iNKT細胞はすべての人に共通であり、iNKT細胞を活性化するiNKTリガンドは全ての人のiNKT細胞を活性化できるので、患者様自身のHLA型に関係なく誰にでも効果が期待できます。

がんによる免疫不全からの回復

免疫細胞は、がん細胞の抗原情報を成熟した樹状細胞から受け取り、がんを攻撃します。しかし、がんに罹患した方の体内はがん細胞が出す免疫抑制物質によって、樹状細胞の分化が抑制され、抗原情報を提示できない未熟樹状細胞のままで、免疫不全状態になっています。iNKT細胞は、免疫系細胞の中で唯一、未熟樹状細胞と機能的に反応でき、抗原提示できる成熟樹状細胞に分化させることができるため、免疫不全になっている免疫系を活性化し、患者様自身のがんに対する免疫力を回復させることができます。

治療の流れ

患者ご本人の細胞を培養し、点滴で体内に戻します

治療の流れ

外来診療で実施でき、入院の必要もありません

投与

iNKTがん治療の留意点

下記の項目に該当する方はiNKTがん治療の適応外となります。
  • がん 以外の重篤な合併症や疾患がある
  • 自己免疫疾 患と診断されている
  • B型肝炎ウイルスの感染歴がある(注1)
  • C型肝炎ウイルスの感染歴がある(注1)
  • ヒト免疫 不全ウイルスに感染している(HIV抗体陽性)(注2)
  • ヒト T細胞白血病ウイルスに感染している(HTLV-1抗体陽性)(注2)
  • アルブミン過敏症の既往を有する
  • 妊娠中あるいは妊娠の可能性のある女性、 および授乳期の女性
  • 他家の臓器並びに造血幹細胞移植の治療歴がある
  • 成分採血を行うことができない状況を有する
  • 一部の疾患の方はご利用になれません。予めご相談ください。
  • (注1)遺伝子検査でウイルス陰性化が確認された場合は治療可能
  • (注2)細胞加工施設において製造可能と判断されれば治療可能

カタログをご希望の方はここをクリックしてください

お問い合わせ

治療内容や費用などのお問い合わせはメールでお願いいたします。こちらをクリックしてください。